ACTにおける重要な考え方、視点

 ただサービスを行えばいいわけではありません

ACTでは下記の考え方、視点を大切にサービスを行っています

​

•ストレス脆弱性モデル

 個人の脆さ(病気になりやすさ)にストレスが何かしらのインパクトを与えると精神症状の再発する危険性が高まるとする仮説

 ACTでは、脆弱性をカバーするための薬物療法、服薬支援、ストレスを減らすための環境調整、ストレス対処法の支援など、この仮説に基づいた介入を行っています

•ストレングスモデル(長所モデル)

 出来ていないことや苦手な事をできるようになったり克服するのではなく、ご本人や環境の持つ強みや長所など、また関心を持っている事や願望に視点を置き、ともにリカバリーを目指します

エンパワーメント

Assertive Community Treatment

包括型地域

生活支援

希望

/////////////////////////////////////////

////////////////////////////////////////